Skip to main content

Posts

香港の空気汚染

朝、窓の外の景色を見ては撃沈…の1週間

上の方は雲ひとつない美しい青い空 真ん中…灰色…涙

灰色に覆われて霞む街並み…

そして、ついにアレルギー(?)と思われる症状がではじめた予感…




おそるおそる
インターネットで空気汚染指数をみると…

こんな感じ…



香港も今年で9年目

いろいろ考える日々です 苦笑


Recent posts

2018

2018年、明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願い致します。



1年前、愛犬クレアがなくなり悲しみにくれた2017年の年明け あれからすさまじいスピードで駆け抜けた1年でした。

もう一匹の愛犬ですが、数年前に心臓病を患いながらも 今では元気に子供達といつものように喧嘩をしています。
一時は余命の宣告もされて、悲しい気持ちにもなりましたが 数ヶ月前からドクターから体調が安定しているのでお薬減らしてみましょうと提案があり ほんの少しですが、お薬の量が減りました。
それでも元気いっぱいです。
と言っても、もうお散歩はほとんどしなくなりましたが。 一緒にいてくれるだけで、私たち家族は嬉しい、というものです。


元旦2018はというとー
日本に帰れなかった分、お節を頑張りました。 本当はしなくてもいいかなと思っていたのですが…。 クリスマスのデコレーションが残り、どうにも年末の気がしない香港の街並みを払拭すべく、2日前から仕込みに仕込んで、気がついたらお節10品以上作りました。
お料理は人に見せるほどの得意分野ではないんですが、味よりも愛情っ 友人ファミリーをよんで楽しく過ごした2018年の年明けでした。

今年はよりいっそう飛躍できる年にしていきたいと 意気込み新たに駆け抜けたいと思っています。



2017年のクリスマスプレゼント

2017年、自分へのクリスマスプレゼントは本にしました。

ずっと欲しい本をみてはリストにのせているのですが その中から選んだいくつかの本たち

本を通して 普段頭の中にあるいろいろな想いにフタをし 新しいことを考えることは自分にとっての気軽にできるリラクゼーションタイム



ARCTICA the vanishing north
美しくも切ない写真の数々 温暖化がもたらす北極の姿を写真とともに探っていきます




DOG PEOPLE
子供たちと一緒に笑いながらみましたっ すごく気楽にみれる本 まるで人のようなかわいいワンちゃんたくさん載っていました


あとはコーヒーへのこだわりが強すぎる夫へ コーヒーの本やら、子供たちへ冬に関連する本などいろいろ

さて、来年はなににしようかなっ


Diary : Christmas Treeのオーダーへ

今年もハロウィンが終わって ばたばたとクリスマスツリーのオーダーをしてきましたっ

今年はいつもよりサイズアップ!

ってどれだけ大きいものなのか こればかりは見てみないとなんとも言えないところはありますが 毎年、我が家にクリスマスツリーがくることがもう定番になりつつあります。

早々と子供達はるんるんとクリスマスの歌を歌っていますし これ以上今からテンション上げるのもどうかなとおもってしまうので まだ、ツリーのことはこどもたちには内緒っ

来月やってくるのが楽しみですっ


Diary : My Birthday

気がつけばバタバタと日々が過ぎ だいぶ昔のようにも思えてしまうのですが 今年もまた一つ健康に歳を重ねることができました。

子供ができてからというもの 1日1日をみんなが健康にすごせているだけで感謝ですが

今年の誕生日もやんちゃ盛りの子供たちも一緒にせわしなく過ごしました…笑




娘からはかわいいプリンセスの絵をー 息子からはなんやらわからない線がかいてある絵をー

ありがたや、ありがたやと受け取ると

機嫌を良くした子供たち ”はい、これもママへのプレゼント!”と プリンセスやら鳥やらまたまた斬新な線(笑)のデッサンを 大量にくれました。



ここでも、子供たちの心を満足させるのは 素晴らしい料理でもなく、美しい芸術でもなく 癒しのスパでもなく

プール… 笑



ま、

なにはともあれ

来年もみんな元気に誕生日をすごしたいものです。

Diary : 真夜中の悪夢…

夜通しの看病は本当に辛い…

夜中の3時半に飛び起きてから 眠い目をこすりながら

いろんな事がひと段落する頃には すっかり朝

太陽の日差しが眩しかった…

子供もクタクタだけど、私もへとへと…

世の中の夜中の看病をする方々 本当にお疲れ様です。



Diary : 謎のしゃしんたち

ふと自分の携帯を見ると 時々、よく分からない写真をみつけます。

しかも、ものすごくたくさん 苦笑

その写真たちはかなりの確率で娘が勝手に撮影したものですが なんだか、隠し撮り?のようなかんじの仕上がりのものもあります 苦笑

この日はケーキの注文をしにカフェに行ったのですが 自撮りも含めて20枚くらい…

一体いつ撮ったんだ!とじゃっかん焦る母

でも子供の感覚って ストレートで斬新だなーっ と、親バカな母は写真を見て思ってもみるのでした。